大腸内視鏡検査を受けよう

大腸がんが急増していますが、毎日出来るセルフチェックがあります。便の色や形、更には匂いである程度のことは把握出来ます。下痢や便秘が長期間続けば要注意ですし、極端な黒色や血が混じっても注意が必要です。ただ、目視検査では限界があるのも事実です。大腸や直腸検査の場合は、内視鏡で診ることが理想です。人間ドックでは必ず付けて欲しいですし、最低でも一年にー回は検査をする必要があります。事前に下剤を飲むことは苦しいですが、下剤も徐々に改善されています。発見が遅れれば開腹手術になりますし、命の危機に瀕することになります。各自治体には、消化器系の名医と呼ばれる医師がいます。データ等を見る能力に長けているのはもちろんですが、内視鏡の操作技術も素晴らしいはずです。検査を怖がらずに、心身をリラックスして臨んで下さい。

大腸を内視鏡で調べてガン予防

長生きのためには健康に気を使うことは欠かすことはできません。そのために学校では定期的に健康診断を行い、社会人になってからも人間ドックを受診したりします。食事や運動をしたり、サプリメントを飲むなどで常日頃から健康維持に取り組む人も多数います。人の体の中でも腸は栄養の吸収や余分な物の排出など、生命活動の要とも言える働きをしている臓器です。これが不調になると体調を崩しやすくなります。主な不調の原因は腸内の悪玉菌です。特に大腸に多く生息し、時に命にかかわるような重大な病気をもたらすこともあります。大腸の内部を内視鏡で調べていると、ガンのもとになるポリープが見つかることがあります。腸の中でも大腸は大きいため、放っておくと肥大化して取り除くことが難しくなります。悪性の可能性があるならすぐに取り除かなければなりません。

大腸の内視鏡検査を痛みなしで受けるには

大腸の内視鏡検査というと痛いイメージがあるかもしれませんが、痛みを感じないようにしてくれる検査もあります。検査が嫌だから血便が出ても病院に行かないといって重大な病気を見逃すことになるより、痛みのない検査をしてよりよい治療をするべきです。まずは医者を選びます。評判のいい医者を探してみてください。実際に行って噂通りよかったらそこに決めます。ダメだったら潔く他を当たります。特に腸が長いということが分かっている人、帝王切開で出産したなど一度開腹手術をしたことがある人などはこの腕のいい医者でないと検査の挿入に時間がかかったり、最悪腸の膜が破れてしまうこともあります。また、無痛及び無送気軸保持挿入法という方法を取っている医者を選ぶと痛みを感じずに検査できます。この方法で実績があるところをインターネットでの検索で探してみましょう。