大腸の内視鏡の検査はとても過酷

ガンという病気は、増えているようで、特に大腸がんは、女性では、1位というほど多いということを耳にしています。もちろん気になる場合には、検査をすることも可能です。未然に防ぎ、早期発見がいいので、定期的に検査を受けておくほうが安心かと思われます。普段の検査は、簡単な方法としましては、便血検査と言って、検便をする方法があるようです。そして、次に内視鏡検査と言いまして、直接大腸に内視鏡を挿入して様子を診る方法があるようです。これは、耳にした話によりますと、とても、大変な様子です。まず、下剤を飲んだり、2リットルの水を飲んだりして、腸の中のものを、全て出し切ることから始まります。完全に中の残留物を出し切ると、ほとんど、透明な水のようなものが出るらしいのですが、そこまでに至るのがとても過酷だということです。そして、その後お尻からカメラを挿入して大腸の状態を見るそうです。

大腸内視鏡当日は激痛と苦しみがあります。

大腸内視鏡検査当日の朝9時から10時の間にお腹の調子を緩やかにする粉末のドリンクを飲み干さないといけないです。飲み干して1時間後にトイレに行かないといけないですが、スッキリするまではトイレから出られないほど辛いことがあります。病院には予約に2時間前に到着していたほうがトイレに行きやすいので便利です。トイレに行くと水分のような感覚で最終的に透明な色になったほうが、空の状態になっています。検査室に入ってから小さい穴が開いている検査着に着替えないといけないですし、洗浄する薬を注入して最後にトイレに行くことがあります。トイレから戻った時に横向きになって検査を行いますが、入る瞬間は少し痛みがありますが最終段階の処で機械に当たって激痛がきます。その間は看護師さんから話をされますので会話をしながら終了するまで時間が過ぎるまで待ちます。検査が終了すれば異常がないかを患者さんに分かりやすいように話してくれます。

40歳過ぎたら是非とも大腸の内視鏡

大腸がんは特に女性は気を付けていただきたい病気です。便秘や仕事などで不規則な生活をしている方は一度はしていただきたい検査です。大腸は比較的検査しやすい臓器なので、まずは受信しましょう。それでも検査までに腸を空っぽにしなければならないので、数日前から食事制限があります。検査当日に大量の水分と下剤を飲み、腸内のものを全部出します。内視鏡挿入はいたって簡単で、モニターを見ながら医師と話しもでき、自分の腸内の映像を見ながら質問もできます。口がきけるということは、胃カメラよりもリアルに質問が出来ます。たとえば腸壁に何らかの異常があった場合でも、肉眼で確認でき、大きくなったポリープの、その場で取り除くことが出来ます。そのように大腸は手の届きやすい臓器なので、そういった利便性を生かした大腸検査は欠かせません。